飛び込み営業

営業の基本・飛び込み営業

おそらく、「営業」と聞いたらこの「飛び込み営業」を連想する人がほとんどなのではないでしょうか。
営業の中でも特に良く知られている営業方法であるだけでなく、「営業の仕事って辛い」と思わせる営業方法でもあり、あらゆる意味で有名な営業方法であるといえるでしょう。
そんな飛び込み営業について、ご紹介をしたいと思います。

飛び込み営業とは、簡単に言えば「アポなしで会社に飛び込み、契約をしてくれないかどうかを頼む」というもの。これがとても厳しいんです。解りますよね。
まず、アポなしで会社に訪問をするということ自体、基本的には「非常識」の部類に入ります。
このため、訪問をしたとしても追い返されることもありますし、企業によっては本当に酷い言葉を投げられることもあります。
対応をしてくれたとしても、やはり飛び込み営業というだけで決していい目ではみてもらえませんし、おざなりな対応をされることがあっても我慢をしなければならないということもあるでしょう。
つまり、冷たい視線の中での営業も当たり前だということです。
アポなしで訪問をしてきたというだけで、まずいい対応はしてもらえないと言った方がいいかもしれません。

この様な営業方法ですから、仮に話を聴いてもらえたとしても契約には結びつかないケースも多く、だからこそ「厳しい営業方法である」と言われています。
逆の立場であったら、忙しい時間帯に連絡もせず会社に来て、「話を聞いてくれ」と言われても聞いてあげられるかどうか、ということになるのでしょう。課題が多い営業方法であることは、間違いありません。

それでも、飛び込み営業は経験しておいた方がいい

しかし、それでも営業マンにとって「飛び込み営業は成長できるチャンスである」という指摘もあります。
たしかに厳しい中での仕事にはなりますが、一方で「厳しい環境のなかでの営業だからこそ、より工夫をしようと思える」というのも確か。
そういう試行錯誤が、営業マンをより成長させるという指摘もあるようです。
確かに、そういった環境で仕事をすれば営業力は上がるでしょう。
飛び込み営業で仕事をとることができれば、それは本物であるということになりますね。

ただ、この飛び込み営業があるために、「営業の仕事は厳しい、できない」と判断されることも少なくないため、本当にいい方法なのかどうかについてはその人による」ということになるのかもしれません。