ソフトブレーン

みなさんの会社ではどのような営業スタイルを実践しているでしょうか?
それぞれの営業職はどのような切り口で、営業に臨んでいるでしょうか?
初めての会社や個人宅に飛込み営業をすると、門前払いをされるか、何者だと怪訝な顔をされて追い返されるのが普通です。
いきなり「今日は○○の営業で」とか「○○の販売をしている者ですが」と商品やサービス先にありきでトークを展開される方は多いですね。
ですがソフトブレーンの営業セミナーで学んだ営業職たちは自社の商品やサービスを売り込むより前に自社の強みを伝え、話を聞いてもらえる突破口を開けるようになります。
たとえば「創業100年の会社からやってきました」といえば、そんな老舗が何を売りに来たのだろうと興味を持ってもらえるのではないでしょうか?
これは営業職それぞれが自社の強みを理解することで、商品にも自信を持てるようになることを意味しています。
あまり強く勧誘するのは悪いのではという迷いがなくなり、容易に値引き交渉にも応じなくなり、売上のアップや企業収益のアップに繋げることができるのです。
ソフトブレーンの営業セミナーで学べるのは、主として営業職にマストとなる「5ステップ70スキル」、実践的な「ロールプレイング」、成果を出すための「セールス標準プロセス・マネジメントポイント」です。
5ステップ70スキルは、営業職に必要となる70もの標準スキルを受講される会社ごとの商品や営業スタイルに合わせてカスタマイズしてくれます。
営業職ひとりひとりのスキル向上はもちろん、会社全体としての望みである人材育成の早期化に効果を上げるだけでなく、営業部門内の共通言語化による統一的な営業手法の構築を目指します。
統一的な営業手法とは、これまでトップセールス個人で有していたノウハウを営業職全員で共有化し、会社全体の売り上げることに繋がるでしょう。
ロールプレイングでは、それぞれの会社のトップセールスにインタビューを行ない、成功事例を元にしオリジナルのロープレケースを作成してくれます。
さらにこの事例に基づいて日々のロープレの成果が出る実行方法や、それに対する評価の与え方と評価法、新たなロープレケースを作る際の効果的なケースの作成の仕方がレクチャーされます。
そしてセールス標準プロセス・マネジメントポイントでは、顧客への最初のアプローチから成約に繋がるまでのプロセスを標準化し、徹底的に身につけてもらうのです。
またマネジメントの観点から営業成績などの目標達成のためには、どのような指標で管理すべきかを明確にすることで、営業職員に対するマネジメントの標準化をサポートしてくれるのです。