セミナーからスキルを得る

営業の仕事をしている場合、ある程度の結果を残す必要がありますよね。
しかしなかなか売れない営業というのも実在しています。
もちろん売れる・売れないは時の運という事も少しはあるでしょう。
でも実は売れない営業、ダメな営業には似たような特徴があります。

thinkその一つが良くしゃべるという事です。
しかも必要な事をしっかりと話す事ができれば問題はありません。
ところが、余計な事ばかり話してしまいます。
だからお客の立場から言うと、別に聞きたくもない事を延々と話す面倒な人という事にもなってしまいかねません。

また、このようなタイプに共通する事が、前置きが余りにも長いという事です。
必要な事はできるだけ早く相手に伝えるようにするのが重要ですよね。
最初の前置きが長すぎるので伝えたいことが相手から見えなくなってしまう事も少なくありません。
もちろん電話自体が長くなってしまうので、相手はほぼ話を覚えていないという状態になってしまう可能性もあるのです。
また、あまりにも話しすぎるので相手が話す機会を与えないということもあるでしょう。
そして結局相手から無理に話を止められてしまう事もあります。
相手の話を聞く事をしないので、「相手が聞きたい」と思える話もできません。

ただこういう人はもう営業としてやっていく事ができないか?と言ったら決してそうではありません。
いくつかの改善点さえ知ればダメな営業マンから売れる営業マンへと変身する事も可能です。

例えば話しすぎるという事に対しては、聞かれたことだけをこたえるようにしましょう。
この時ですが、聞かれたから今がチャンスと色々と話したくなってしまうかもしれません。
それはぐっとこらえて短い文で答えるようにします。

また相手に質問させるタイミングを与えるようにしましょう。
マシンガントークは敬遠されてしまうので、出来るだけ相手が自分に決定権があると感じさせるように話すのがお勧めです。

そして最後に自分がそれに対して興味を抱くようにしましょう。
興味がない事を相手に伝えるのはなかなか簡単な事ではありません。
また相手にもその気持ちが伝わりやすくなってしまうので、自分がそれに対して興味を抱いているようにするのが重要です。
ただ、これらの改善点を守ればかなり営業としても変身する事は可能ですが、なかなか一人でする事は難しいですし、より良い営業になるためにはセミナーに参加することをおすすめします。
例えば質問型営業とか、ネクストサービス、サンタ営業プログラム等ネット上には様々な営業セミナー開催情報があるのでそれを見て参加するのがお勧めです。

営業セミナーを行なっている企業例

  • アイルキャリアカレッジ~now making~
  • ソフトブレーン~now making~

またこのときは有料の物も無料の物もあるので、自分に合っている物を選ぶのが良いでしょう。