セールスマネージャーの育成

セールスマンとセールスマネージャーは営業という括りの一見同じような業種に感じますが、実際には大きな仕事の違いがあります。
営業職というのはお客様に商品やサービスを販売する仕事です。
その販売の対価で自社に売上や利益をもたらしているのです。
欲しい人のところに必要なもの・サービスを提案し販売する仕事、つまりセールスマンは自分がモノを売る仕事になります。
一方セールスマネージャーの仕事はといいますと、モノやサービスを売らせる仕事ということに尽きます。
セールスマネージャーには自分でモノやサービスを売るのではないということをしっかり理解してもらわなければ良い働きができません。
よくあるパターンがセールスマネージャーが予算に追われて部下とともに走り回り、数字の集計ばかりしているというものです。
仕事の内容がほかの営業マンとそれほど変わらないのではセールスマネージャーの存在価値がありません。
セールスマネージャーになる方は営業マンとして優秀だった人というケースが多いのですが、優秀な営業マンがいいセールスマネージャーになれるかというとそのままでは難しいのです。
しっかりとセールスマネージャーとしての教育を受けないと営業マンの延長としてしか活躍できません。
営業成績を上げ利益を出していくには優秀なセールスマネージャーの育成が欠かせない条件になっているのです。
「自分が売る」営業と「人に売らせる」セールスマネージャーではスキルが全く違ってきます。
セールスマネージャーは部下とコミュニケーションをとり、的確な指示を出してモチベーションをアップさせたり、失敗をフォローしたりというコントロール能力も必要になってきます。
部下の営業マンもひとりひとり個性や感情を持った人間ですから、そうした性格別に対応できるコミュニケーション能力はセールスマネージャにとって必須です。
部下によって伸びる質問の仕方や叱り方は違ってくるのです。
さらには成果が上がる営業管理帳票を作って営業所全体の売上管理を的確にしなくてはいけません。
また営業会議を進行していくのもセールスマネージャーの役割ですから、長いだけではなく効率的で売上アップに繋がるような意味のある営業会議を進行していきましょう。
営業マンの教育もセールスマネージャーの大事な仕事でガイドラインを作成して効率的に営業内容を伝えていくことも大事と言えるでしょう。
良いガイドラインがあれば部下の教育がとてもスムーズになるのです。
こうしたセールスマネージャーならではの役割をしっかり教育し育成することによって、そこからスムーズに優秀な営業マンへの企業意思の伝達ができ、売上も伸びていくのです。