企業で営業力向上

商品やサービスを提供する企業にとって、購入者や利用者を増やすことは企業収益に関わる一番の重要課題です。

そのため営業部門の活躍が企業の生命線と評されることもあります。
しかし、営業部門が頑張るだけで売上は増大するのでしょうか?

営業ひとりひとりの能力や活動には限界があります。
既存の商品やサービスを売ることしかできず、顧客の求めに応じて商品に機能を追加したり、サービスをカスタマイズする権限や力を持ち合わせていません。
顧客のニーズに迅速に対応し、需要拡大を目指すためにも、企業全体で営業力を向上させることが継続的で安定的な収益をもたらすといえるでしょう。

企業全体で営業力を向上させる方法として、まず基本となるのが情報の共有です。
営業担当が顧客から直接聞いてきた生の声も、その担当者個人のもとで留まってしまったり、営業部門内で話題になって終わりでは意味がありません。
そのニーズに応えることができる部門が知らない限り、変えることはできないのです。

営業職にとっては無理難題と思える顧客の希望やクレームであっても、しかるべき部署の担当者にとっては容易いことであることも少なくありません。
そのために必要なのがスピーディーな情報共有です。
スピーディーな情報共有を行うためには、やはりITを用いた営業支援システムの導入が不可欠でしょう。
紙の書類で報告したところで、複数の部門がある会社ではなかなか情報は回っていきません。

また、メールで報告しても大量のメールを送受信していれば、適当に読み飛ばされる可能性があります。
直ぐに回答が欲しいものや、時間をかけても回答して欲しいものなどをシステム上に投稿し、
しかるべき担当者がその要望を専門の部署に振り分け、必ず期限を切って回答させるようにしたいものです。
その回答の中には今後の商品開発に活かすといったものや、直ぐにサービスを対応するという返答もあるはずです。
他の部門との情報共有や支援体制はマーケティングでも活かしたいところですね。

営業がターゲットとなる顧客や見込み客を個人の能力で探すには限界があります。
マーケティング部門が商品開発などのためにリサーチするだけでなく、
開発した商品を売り込む先までリサーチして営業部門に情報を提供していけば、営業はやりやすくなるのではないでしょうか。

omeeting意外に商品の開発コンセプトが社内でも理解されておらず、営業職がまったく見当はずれの顧客に営業をかけていることは多々あるものです。
企業全体において、営業力向上を社員全てに徹底させることは、企業の実力や売り上げを高めるばかりではありません。
どの部署の社員であっても営業力が高いという、ある意味企業としてどんな対応も可能で優秀な社員を育てることにもつながります。
優秀な社員が育つということは、企業の質を高めることにもつながり、社外からの評判を高める結果に結びつくのです。
そのため適切な営業力を高めるために、事前に企業において定期的に社員教育を徹底させる必要があります。

でははじめにマーケティングについて知りましょう。
企業で商品を販売するためには、対象の年代や性別などを絞込み、顧客購買層として位置づけが必要です。
どのような思考や購入率の高い商品などについての徹底した商品の調査を実行することが大切です。

そのため顧客に対しての仮説と調査、更にその分析によって発生する顧客購買層のニーズを適切に商品化できることによって、営業社員たちの販売力を高める結果に結びつきます。
マーケティングを専用の会社に任せている企業も少なくありません。
ですが自社の社員を活用してマーケティング力強化を図ることによって、更に社員達からの視点や提言などを踏まえ、
より売りやすい商品を手に入れることにもつながる可能性が高まります。

次に紹介するのは主要サービスなどを明確に打ち出した戦略を知るということです。
営業活動において売りやすい商品、売りやすいタイミングというものは確実に存在しています。
昨今では民俗学でいうところのハレの日とケの日といわれている部分に対してお金を使うと分かれております。
一般的な日であるケの日に節約をして、結婚式や子供の七五三などのハレの日に多額の資産を使う行動が増えているのです。

そのため、営業活動において販売戦略を打ち出しやすいといえます。
そういったときにどのように売ればよいのか、日常的に全社員に営業活動や意見を募りましょう。
そこで集まった意見の中からロールプレイを実行し、
最良の結果をもたらせるようにミーティングを就業時間以内の早朝や昼休みを使って実行する企業も増えています。

次は顧客満足度の高い商品を販売するためにはどのようにすればいいのかです。
社員に使用させ、その結果に基づき商品改良を重ねます。
更に顧客への販売を確保するために必要な行動をどのような場所で実行すべきか、
その商品を必要としている購買層の普段行きそうな場所でどのように使用させたらよいのかを考えます。
このようなことを社員全体で考える力、実行するための行動を実践させることが大切です。

営業向上関連コンテンツ

  • プレゼン能力
  • マーケティング~now making~
  • 営業計数~now making~
  • 営業活動効率化~now making~
  • SFA~now making~
  • CRM~now making~
  • セールスマネージャーの育成~now making~
    • そうすることによって、営業力を高めるために必要なノウハウなどを更に高めることにもつながるのです。