営業活動効率化

営業活動をいかに効率化するかは企業にとっての重要な経営課題の1つです。
商品の販売やサービスを提供している企業にとって、受注に結び付く案件を増やして1件でも多く、1件でも早期に成約させることが企業収益の安定や増大に結びつくためです。
そのためには営業の無駄を排除し、回転率をアップさせる必要があります。
営業活動効率化のための基本プロセスは見込み客を発掘してアプローチをかけ、顧客からヒアリングをし、提案、クロージング、そしてアフターフォローです。
このプロセスが円滑に流れ、顧客のニーズがどのように多様や無理難題があったとしても、あらゆる案件に企業全体がいつでも協力できる状態を目指すことで、営業活動の効率化が図れるでしょう。
御社では営業のフローが営業職個人任せになっており成績にもバラツキが出ている、見込み客の十分なリサーチなく、やみくもに営業をしかけているので成約に至る確率が低いといった状況はないでしょうか?
また、パンフレットなどの準備や営業報告書の作成、社内でのメール対応といった付随業務に時間をとられて、最も重要となる提案の準備や訪問に十分な時間が取れていないケースもあります。
これでは営業成績が伸び悩むのも致し方ないかもしれません。
個人の能力の問題で要領が悪いからだとか、時間の使い方が下手だからだと言うのは簡単です。
ですが企業全体で効率的に活動できる環境を整えることも必要なのではないでしょうか。
そのためにSFAと呼ばれる営業支援ツールを導入するのも1つの方策といえるでしょう。
営業活動を効率化するにあたっては、まず現在の営業活動全体を可視化してみましょう。
作業のプロセスを1つずつチェックすることで、問題のある作業を見つけ、優先順位をつけてそれを解消していきます。
解消の手段として考えられるのは、個人の能力に頼らない営業フローの再構築や営業活動の標準化、バックオフィス業務の充実や営業アシスタントを配置するなどして事務や情報管理をサポートすることも考えられますね。
また営業支援ツールの1つであるSFAは情報の一元管理による営業活動の可視化をサポートしてくれます。
情報入力の手間を省いたり、情報の取得や検索のスピードアップ、ワークフローをシステム的に組み込んだり、社内の他の部署との連携を可能にしてくれます。
こうしたツールは従来のシステムの導入と違いクラウドサービスなども登場しており、導入コストを抑え、短期間で新たなスタートできるのも魅力といえるでしょう。