名刺について

営業の名刺ってどうなの?

営業をする上で重要になるのが「名刺」です。
クライアントにあった時、そして外回りをしているとき、やはり名刺がないと相手にこちらの情報を伝えることができません。
また、名刺というのは自分を知ってもらう一番簡単な手段でもありますよね。
名刺をみることで、「どの会社の」「どんな役職にいる」「なんの仕事をしている」「●●さん」とい情報を知ることができます。では、この名刺の重要性についてかんがえていきましょう。

名刺は意外に相手の印象を変える

普段何気なく利用している名刺ですが、実はこの名刺は「意外なほどに相手に自分の情報を伝えている」ということが解ります。
今は名刺のデザインも、自分の好きなように作ることができるようになりました。
それを思うと「名刺も自分の趣味を取り入れたものにしたい」と思うものですが、ここに落とし穴があります。
自分が好きだからと言って、ピンクやキラキラした名刺を渡したら相手はどう思うでしょうか。
相手によっては、「こいつはちゃらちゃらしたやつだ」と思うのではないでしょうか。
営業というのはイメージが一番ですから、名刺一つでも好印象を持ってもらうことが大事です。
むしろ、営業は名刺一枚から失敗はできないと考えて下さい。
それを思えば、相手に清潔感を与える様な白い名刺に黒い文字が一番いいということになります。

この様に、名刺ひとつで決まることというのは意外なほどに多いので「失敗をしないようなデザインのものを用意しておく」ということが大切になります。

役職って重要

実は、営業というのは役職つきの名刺を持つことがとても多いです。
営業が持っている名刺を見てみると、何かしらの役職がついていることが解るでしょう。
一度、名刺をチェックしてみてほしいです。
なぜ役職がついているのかというと、やはり「人と交渉をする立場の人」というのは、ある程度の責任を果たせる人であることが望ましいためです。
やはり、何かを買う時というのは「ある程度信頼できる人から買いたい」という気持ちがありますよね。
その様なことを考えれば、やはり役職がついているというのは大事なことになるのです。

この様に、営業における「名刺」の役割には本当に大きいもの。
名刺の工夫ひとつで、その営業が成立するかどうかが決まることもあるほどです。
それを思えば、やはり名刺ひとつにも手を抜かずにしていきたいですよね。名刺の重要性については、きちんと見直しておいてほしいと思います。