反響営業

反響営業って?

営業の方法のひとつに「反響営業」というものがあります。
反響営業というのは、そのなのとおり「反響が営業につながる」というもの。
例えば、とある商品をCMでPRしたとしますよね。
そのCMを見て興味を持った人が、連絡をしてきて商品を買ってくれる。
つまり「一定の反響があり、それが営業の成果につながる」というのが反響営業になります。

営業というと、基本的には「こちらから足を使って商品を紹介しに行く」というイメージがありますが、反響営業の場合は「CMや広告をみて興味をもってくれた人のみに販売をする」という特徴があります。
これは大きな違いですし、営業というのは必ずしもひとつの方法ではないこともわかります。
最近はインターネットが普及していますので、この反響営業で商品に興味を持つ人も少なくなくなってきているとか。インターネットのみで広告を出している商品も増えてきていますよね。
この反響営業というのは、本当にいろいろなところで行われている営業方法になるのです。

効果につなげるには

とはいえ、反響営業で物を売るというのは決して簡単なことではありません。
広告やCMだけで興味を持ってもらう、それは本当に難しいこと。
CMをみたから、広告をみたから、その商品を買いたいと想えますか?思ったとしても、なかなか実行に移せないというひとがほとんどなのではないかと思います。
ダイレクトメールやチラシなども反響営業のひとつになりますが、それもたくさん配布して効果が出るのは本当に少ない人数ですよね。
だからこそ、媒体や宣伝の方法には気を配らなければなりません。

反響営業にばかり頼ってはいけない

反響営業は確かに成功すれば大きいですが、そうそう成功することができるものではないということも現実。
基本はやはり通常の営業をしてアピールしていくという方法になりますので、その方法を学ぶことが大事です。
反響営業は、あくまで「営業の方法のひとつ」であり、それにばかり頼って成功することができるものではないということを頭に入れておきましょう。

費用対効果について

営業には「費用対効果」という問題もあります。
大金をかけて営業をしたとして、きちんとその効果がみられなければ意味がありません。
だからこそ、反響営業を行う時は「それだけの効果を得ることができるのか」についてきちんと考え、その上で行う必要があるでしょう。
反響営業を成功させるのは本当に大変なことなのです。