同行営業

同後営業ってどんな営業?

同行営業とは、その名前のとおり「誰かに同行をするタイプの営業」です。
例えば、新人をいきなり一人で営業にいかせるわけにはいかないですよね。
きちんと、ノウハウを教えて「営業とはこういうものなんだ」と教えていかなければなりません。
では、それをどうやって教えるのか?というと、同行営業で一緒についていった先輩が「営業とはこういうものである」ということを教えています。
営業の世界では、最初は同行営業から始まるのは当たり前のこと。
営業の仕方というのは、何度口で教えられたところで「分かりにくい」ということが出てくるものです。
だからこそ、きちんと方法を教えてくれる先輩の存在が必要になるということですね。

営業は見て覚えることがたくさんある仕事

もちろん、営業というのは口で言われて覚える仕事もたくさんありますが、それだけでなく「見て覚える仕事もたくさんある」と言われる仕事です。
クライアントとの話し方、お辞儀の仕方など、やはり口で言われるよりも見た方が覚えやすいことってたくさんあるのではないでしょうか。
そして、営業というのはそういうことをひとつひとつ覚えて初めて出来る様になるものです。
どれが欠けてもいけない営業の仕事だからこそ、「見て覚える」という意味で同行営業は必要である。そういうことなのではないでしょうか。
同行営業は、交配を育てるために必要不可欠な営業方法です。

同行営業はトップレベルの人材をつけることが大事

同行営業をする場合は、会社でも高い成績をあげている先輩とさせるというのが基本です。
なぜなら、そうしないと「会社のトップになるための仕事」を学ぶことができないため。
あまり成績をあげていない社員と同行営業をしたとしても、そこから学べることというのはことのほか少ないのではないでしょうか。
このため、同行営業をするときには「きちんと仕事ができるトップの社員についていく」ということが基本になります。トップから学ぶことというのは大きいですからね。
この同行営業から何を学ぶかで、その後のいろいろなことが変わってくるでしょう。
そういうことも踏まえて、同行営業についてかんがえていきましょう。
同行営業は、営業であれば誰しも経験をすることです。それは間違いありません。
同行営業をいかにして活かすか、その後に活かせるものにするのかが重要だということです。
同行営業からたくさんのことを学べるように工夫をしていくことが必要ですね。