個人の力を伸ばす

ひとりひとりの営業力を伸ばすには

どのような方法が考えられるでしょうか。
一番の早道は、成功しているトップセールスの営業手法を学ぶことです。
トップセールスの真似ができれば苦労しない、できないから差が開いていくではないかと思われるかもしれません。

ですが営業成績の良いトップセールスほど、変わったやり方はしていないのです。
誰もができるやり方であり、ですがそれをやらないために差がついてしまっているのです。
あなたの職場にいるトップセールスが毎日どんな活動をしているか尋ねてみましょう。
本人には特別なことをしている認識がないので、秘密にすることなく教えてくれるはずです。

ただし教えてもらったことを素直に実践できるかどうかはあなた次第であり、そこで差がついてしまいます。
トップセールスが行っているのは営業の基本の基であり、それにはまずマーケティングをしましょう。
営業は足が基本と何となく出ていき、手当たり次第に声をかけていないでしょうか。

stalkできる営業は確かにたくさんの人と会っています。
市場動向や顧客のニーズなどをリサーチしターゲットを絞った上で営業をかけています。
ですから同じ数の顧客に営業をかけたとしても、成功する確率は明らかに高くなるのです。

次に切り出しのトークがポイントになります。
門前払いされては営業どころではありません。
失敗する営業は最初から売り込みたい商品名やサービスを口にしてしまいます。
相手からすれば興味のない商品であったり、売り込みだと分かっただけでドアを閉めたり電話を切ってしまうかもしれません。
売れる営業は自分が誰なのか、どこの会社の人間であるか、どこから来たのかから切り出します。
売れない営業職は何処の誰かも分からない自分は相手にされないと考えたり、売りたい一心で商品名を出すのです。
どんなに良い商品であってもそもそも何処の誰か分からない人からは買わないでしょう。
まずは自分や会社を知ってもらい、信頼関係を築くのが先決です。
信頼してもらえればあなたが話さなくても、相手から今困っていることや欲しいものを話してくれるようになります。

営業はトークが重要と思われるかもしれません。
実はトップセールスはほとんど話をせず、聞き上手であることが多いのです。

相手に話をさせると話しているうちに顧客は自分で商品やサービスの必要性に気づくことがあります。
そうなれば、あとは背中を押してあげるだけです。

簡単なようでいて、なかなかできないトップセールスの手法を学んでみましょう。
営業社員に対してのノルマのネガティブな発想をぬぐい、
正しい営業の効果や仕事に対しての発想力・解決力や更にやる気を増すために必要な情報やノウハウを知っておくことによって、企業としての社員の向上をえられるようになります。

人にはそれぞれ個性があります。
だからこそ、営業を行うことによって相手に最良のサービスを提供し、
現在コンプレックスや不便に感じているものへの解決策などを提案するのです。

その結果によって相手に喜んでもらえるようにすることや、お客様の満足を勝ち得るのです。
その勝ち得たときこそ、最良の結果をもたらせるといえます。
相手に最良の提案ができるよう、ビジネスに向き合えることが大切です。
ではまず初めに、社員一人ひとりの実力にあった営業方法があるという事を紹介します。

個人の営業において大切なこと

人にはそれぞれ愛称があり、全ての人が同じ営業方法ではなく、基本的な原理・原則に基づき、
その中から行動を起こせるようになることこそ営業力をアップさせる大切なポイントとなります。
その為の基本として「熱・考・動」を実行することが大切です。

このうち熱は熱い気持ちを持つことで、つまり熱意という意味です。
考は深く考えることで、つまり熟考をするということで、動は行動することの略になります。
営業の根本である基本を徹底的に営業社員に理解してもらい、どのように熱意を持ち、
取引先あるいは顧客に対して自社のサービスの提案をしたらいいのかを考えさせます。

そしてその為のプレゼンや営業活動について考え、実行に移せるためのノウハウなどを社員一人ひとりに周知させることが重要です。
次はロールプレイを毎日行うという事です。
企業によっては研修などある一定の機会でしか行わない場合も少なくありませんが、日課として実行することが重要ですね。
人間は忘れてしまうからこそ朝礼ごとに実践し、盛業成績のよい社員のロールプレイを見て、
今後自分達でどのように生かしたらよいのかをミーティングすることで、さらなる営業力につながるのです。

最後は顧客や取引先に喜ばれることを考える力を養うことです。
顧客や取引先に喜ばれるサービスを提供したときこそ、営業社員としてやりがいを実感できるものはありません。

そのため、お客様のタイプを見抜き、希望しているものと自社のサービスを照らし合わせ、手に入れたことによって喜んでもらえるポイントを具体的にプレゼンします。
ここで明確にしておくことで、最良の結果をもたらせるように日夜発想力や何度断られてもあきらめない強い心を鍛えることにつながります。
結果として顧客や取引先との交流がうまくいき、社員の個性を生かした営業活動が可能です。
サービスについての深い知識を踏まえて、最良の提案ができるためのロールプレイなどを実行するなど、毎日の積み重ねが必要となります。